Books and Modern

Books and Modern

東京都港区赤坂9−5−26パレ乃木坂201
火曜 − 土曜日 12:00 – 19:00

Stencil dyeing by Mihoko Seki

Latest Info

7月25日(火)臨時お休み致します。
6月20日(火)−7月22日(土)カンボジアモダン&クラフツ展開催
5月2日(火)−5月31日(水)関美穂子展「言葉の絵」開催します。
植田正治カレンダー、カレンダー&『植田正治作品集』セット販売予約受付中
3月8日(水)−4月8日(土)「植田正治作品集出版記念写真展 もうひとつの風景」開催

Topics

  • Journal

    Web Shop【毎日、本とアート】
    カンボジアの染織

    2003年福岡市美術館開催「カンボジアの染織」図録

    04, Jul, 2017

    journal _ goods/book

    IMG_2665
  • Overseas

    ロヴァニエミ便り Vol.3
    政治によって人生はどれだけ変わるか?

    text & photos by 浦田愛香/デザイナー

    18, Oct, 2016

    overseas _ Rovaniemi

    autumn
  • Gallery

    手仕事の籠、クメール織物、コンポンチュナン陶器
    カンボジアモダン&クラフツ

    2017年6月20日(火)−7月22日(土)
    営業日時:日曜・月曜日定休 ※6月25日(日)は開廊
    6月24日(土)、25日(日)、7月1日(土)、8日(土)はトーク&スライドショー開催

    31, May, 2017

    gallery _ art

    _MG_5063軽

Journal

IMG_2665

Web Shop【毎日、本とアート】
カンボジアの染織

2003年福岡市美術館開催「カンボジアの染織」図録

アンコールワットで有名なシエムリアップ郊外にある「伝統の森」。 その森は、地面から繋がったアーツ&クラフツを体現した森です。 桑の木を植樹して養蚕を始め、絹糸を作り、その絹糸を括り、染め、織って創り出される絹の絣。内戦で荒れた国の中で、その作り手となる職人を探し出し、新しい世代に伝承できる環境を作り、クメール王朝にまでその起源をさかのぼれる絹の絣を復興させたIKTT(クメール伝統織物研究所)の森本喜久男さんが設立した共同体です。 ギャラリーでの展示「カンボジアモ……

read more >>

IMG_2658

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】​
魂は旅をするか?

化けて出るのも、人。恋をするのも、人……

よく「書店をやってギャラリーもやって、あなたはやりたいことが一杯あるのですね」と言われますが、実は、なぜかこんなことになってしまっただけで、私は「本さえ読んでいられれば幸……

read more >>

IMG_2539

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】​
今ひとたびの武田百合子

いつも、何度でも繰り返し味わう出来事、言葉、夢……

「私、その方の著書は、すべて読んでます。もっと言うと、その方について誰かが何かを書いているものも、ほぼ、すべて読んでます」と小鼻をふくらませて言ってしまう作家(多くの場合……

read more >>

IMG_2425

【Living on Reading 読みくらす人のための本の話】
今、私たちが寝起きしているのはどんな世界?

──アフリカ発の文学と仏メディアを通して見えること

書店の準備をしていた時、当然ながら店名をどうするか随分考えた。結局「ブックスアンドモダン」(=本と現代/の思想)という中味のままの名前になったが、実は「ディーネセン」にし……

read more >>