Books and Modern

Gallery

Gallery > art > May,2018

本の特集──読んで広がる旅の空
Around the Arts and Travel

2018年6月12日(火)−6月30日(土)

【トーク&スライドショー】(トーク内容は最下段に)
6月16日(土)16:00−17:30 ※準備のため15:00−15:45は一旦閉めます。
「人生に旅を、旅に人生を」
by 在本彌生(写真家・執筆家)

6月22日(金)19:00−20:30 ※準備のため18:00−18:45は一旦閉めます。
「縄文、ベルベル、タラブックス……手のひらの民博(みんぱく)」
by 松岡宏大(写真家・執筆家)

■参加費 1,500円(税込)ドリンク付き
■参加ご予約はShop Page もしくは、 info@booksandmodern.comまで

photo1

本で世界旅行。たとえば、富士山(『富士日記』武田百合子著)から出発してロシア、東欧、イスラエル(『ポーランドのボクサー』エドゥアルド・ハルフォン著)、南欧、イタリア、フランス、アフリカ、ハワイ(『ハワイ紀行』イザベラ・バード著)、インド(『夜の木』)と、130年、1万キロの時空を超えて……

リビングに居ながら、心はユーラシア大陸を経てヨーロッパ、アフリカ、アジアへ……。
ブックスアンドモダンでは、日常のいろいろをしばし忘れ、時空を超えて心旅立たせる小説、旅行記、絵本、写真集、画集を特集します。
ギャラリースペースでは、昨秋話題となった展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」(※)で紹介された民族画の風合いをたたえたシルクスクリーン「夜の木 the Night Life of Trees」や、同展のポスター、ビザンチン絵画を思わせるルート・ブリュック(セラミックアーティス/1916-1999フィンランド)、ブルーノ・ムナーリ(デザイナー/1907-1998イタリア)のポスターなども合わせてご紹介します。

(※)インドの出版社、タラブックスの本と思想をテーマとした展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」は、6月13日(日)まで刈谷市美術館(愛知県)で開催中です。

photo1

「世界を変える美しい本」展シルクスクリーンポスター。左は「孔雀」、右は「ドゥーマルの木」。

【トーク&スライドショー】 ※内容は変更になる場合がございます。
■6月16日(土)16:00−17:30
「人生に旅を、旅に人生を」
by 在本彌生(写真家・執筆家)
【内容】
アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米、北米……そして近年は、北海道、阿寒湖の大自然や、彼の地で創作する彫刻家、藤戸竹喜氏の作品をとおしてアイヌ文化、歴史の細道にまで分け入っている在本彌生さん。
世界各地でリアルな現在と、年月を超える土地と人のパワー、魅力を切り取ってきた写真家による、旅と写真、旅と人生についてのお話です。

在本彌生(ARIMOTO Yayoi)
東京生まれ。外資系航空会社で客室乗務員として勤務するかたわら写真を始め、2006年からフォトグラファーとして活動を開始。著作に、MAGICAL TRASIT DAYS』(アートビートパブリッシャーズ/2006)、『わたしの獣たち』(青幻舎/2015)、『熊を彫る人』(小学館/2017)がある。

■6月22日(金)19:00−20:30 ※準備のため18:00−18:45は一旦閉めます。
「縄文、ベルベル、タラブックス……手のひらの民博(みんぱく)」
by 松岡宏大(写真家・執筆家)
【内容】
写真家、ライター、編集者として南アジアやアフリカを中心に辺境の地を取材してきた松岡宏大さん。
インド旅歴は四半世紀以上、自らの足と経験と感性で出会ったインドの小さな出版社、タラブックスの仕事を紹介した『タラブックス インドの小さな出版社、まっすぐに本をつくる』は 昨秋、板橋区立美術館にて開催された展覧会「タラブックスの世界」とともに大きな話題を呼びました。
今回のトークでは、昨年『ひとりみんぱく123』を刊行した松岡さんが、旅で手にした土着の品々が持つ時空を超えた物語とともに、旅の極意、出会い、手応えについて語っていただきます。
そもそも、『ひとりみんぱく123』は、国立民族博物館(大阪)を訪れた松岡さんが展示物を見て「これ、ウチにあるな…」つぶやいたのが刊行のきっかけだったそうです。
ブックスアンドモダンでは、写真中心の『ひとりみんぱく123』のバックストーリーを、日本、アフリカ、そしてインド…と作家と旅する気分で味わっていただきます。
※「タラブックスの世界」は、現在は刈谷市美術館(愛知県)で開催中。

松岡宏大(MATSUOKA Kodai)
新潟県生まれ。横浜市立大学卒業。
南アジアやアフリカを中心に『地球の歩き方』(ダイヤモンド・ビッグ社)の取材・編集に携わる。KAILAS名義で著作やイベントも行っており、近著に『持ち帰りたいインド』(誠文堂新光社)、『タラブックス』(玄光社)、『ひとりみんぱく123』(ambooks)。

■参加費 1,500円(税込)ドリンク付き
■参加ご予約はShop Page もしくは、 info@booksandmodern.comまで

photo1

Lion,1957 by Rut Bryk

photo1

Butterflies,1957 by Rut Bryk

 

TOPへ

関連記事

中解像度2017-08-10 20.08.40 2

本の特集──アートと写真を中心に
Around the Arts and Photos

2017年8月25 日(金)−9月23日(土)

【トーク&スライドショー】(トーク内容詳細は最下段に) ※両日とも準備のため18:00−18:45は一旦閉めます。 9月8日(金)19:00−20:3

read more >>

Mc_Cartney_001.tif

写真展×洋書展 STARS/ FASHION/ TRAVEL/ ART/ DESIGN
ロック&映画スター フォトグラフィー

写真展 2015年5月27日(水)−6月14日(日)
洋書展 2015年5月27日(水)−6月27日(土)

映画&ロックスター写真展 ギャラリーにて、ヘルムート・ニュートン、ハービー山口による70年代、80年代のロックスターとロンドン風景、60年代を彩ったフ

read more >>

ルート・ブリュークを巡って【前編】

Art and design of Rut Byrk
ルート・ブリュークを巡って【前編】

A Scenery of Modern Deign

初めて作品を目にした時から、いつか日本に呼びたい、何かのかたちで紹介したいと思いながら何年も経ってしまっている作家がいる。2007年秋、ヘルシンキのナ

read more >>