Books and Modern

Gallery

Gallery > art > November,2014

Brilliance of Monochrome/ Jeanloup Sieff作品展
モノクロームの光

2014年12月5日(金)−12月25日(木)

Jeanloup Sieff

© The Estate of Jeanloup Sieff / G.I.P.Tokyo


美しいものを見ていると、幸せな気分になる。ここで言う美しいものとは、青空がどこまでも澄んでいるとか、凪いだ海に夕日が輝いているというような大きな美しさではなく、人の持つ、人が作る美しさだ。
額から頬にかかる髪、その向こうからこちらを見つめる長いまつげに縁取られた瞳、あるいは完璧なフォルムのマント、リートフェルトのイスに姿勢を正して座るネコ……。ひとつのフレームに閉じ込められ、完全に調和した小さな世界の美を見ていると、人生に悪いことなど起きない──そういう気持ちになる。
すべて、とは言わないまでもジャンルー・シーフの作品の多くは、そのセクシーであったり、ゴージャスであったりするテーマから逸れることなく、そうした朗らかな光を放っている。
本展ではシーフの作品13点に加えてシーフの妻で写真家のバルバラ・リックスの作品1点を紹介します。
本展の企画開催はシーフと日本の橋渡し役でありフォトアートの理解者、エージェントのG.I.P.Tokyo、同社の倉持博氏の力添えと助言なくしては実現しませんでした。倉持氏と、この出会いに感謝致します。(H.W.)

月曜・火曜休廊 23日(火/祝)開廊
オープニングパーティー:12月5日(金)17:00−

ジャンルー・シーフ(Jeanloup Sieff)プロフィール
1933年パリ生まれ。1955年、フランス「エル」誌の写真家としてデビュー。若くして頭角を現し1959年にニエプス賞受賞。一時はマグナム写真家集団に所属し、ルポタージュを得意としていたが、1960年代以降は「ハーパース・バザー」「ヴォーグ」「エスクァイア」などの世界的なファッション誌を舞台にパリとニューヨークを往復しながら活躍した。70~80年代はヌードなどパーソナルな作品や広告、ポートレイトなどにジャンルを広げ、多くの名作を残している。生涯に美しいモノクロ写真芸術に徹し独自の世界を確立した。フランス国家名誉顕彰シュバリエ賞、パリ市芸術家顕彰受賞。2000年9月、癌のため現役で活動中に急逝。

http://www.jeanloupsieff-gip.com/gip.htm

TOPへ

関連記事

スクリーンショット 2017-11-24 17.42.02

アトリエ灯 展
森の音

2017年12月15日(金)−2018年1月20日(土)
作家在廊予定:1月13日(土)、18日(木)、19日(金)、20日(土)
※日曜・月曜日定休

風にふわりと揺れ、ゆっくり巡る木枝のモビール。 森に生きていた枝々は、その命を磨かれ、新しい調和と色をまとって私たちのもとに現れる。 森の木々とそこに

read more >>

スクリーンショット 2017-10-28 18.32.03

小井田由貴作品展
Traveling Basket カゴの風合いは、旅の香り

2017年11月17日(金)-12月10日(日)※最終(日)は開廊

世界各地、そこに住む人の手と知恵で、そこにある材料、植物で編み出されるカゴ、籠、Basket。 カゴの編み目に宿るさまざまな暮らしの香り──森のキノコ

read more >>

_3B_0005E中

玉銀喜 陶芸作品展 Ok Eun Hui, Ceramic Art Exhibition
Variety

2017年10月6日(金)−29日(日)※会期延長しました。

長崎県雲仙市に住み韓国と行き来しながら活動する陶芸作家、玉銀喜(オク・ウンヒ)。 その創作は、日常使いの器から装飾的な小物やタイル、アート作品としての

read more >>