Books and Modern

Gallery

Gallery > art > November,2014

Brilliance of Monochrome/ Jeanloup Sieff作品展
モノクロームの光

2014年12月5日(金)−12月25日(木)

Jeanloup Sieff

© The Estate of Jeanloup Sieff / G.I.P.Tokyo


美しいものを見ていると、幸せな気分になる。ここで言う美しいものとは、青空がどこまでも澄んでいるとか、凪いだ海に夕日が輝いているというような大きな美しさではなく、人の持つ、人が作る美しさだ。
額から頬にかかる髪、その向こうからこちらを見つめる長いまつげに縁取られた瞳、あるいは完璧なフォルムのマント、リートフェルトのイスに姿勢を正して座るネコ……。ひとつのフレームに閉じ込められ、完全に調和した小さな世界の美を見ていると、人生に悪いことなど起きない──そういう気持ちになる。
すべて、とは言わないまでもジャンルー・シーフの作品の多くは、そのセクシーであったり、ゴージャスであったりするテーマから逸れることなく、そうした朗らかな光を放っている。
本展ではシーフの作品13点に加えてシーフの妻で写真家のバルバラ・リックスの作品1点を紹介します。
本展の企画開催はシーフと日本の橋渡し役でありフォトアートの理解者、エージェントのG.I.P.Tokyo、同社の倉持博氏の力添えと助言なくしては実現しませんでした。倉持氏と、この出会いに感謝致します。(H.W.)

月曜・火曜休廊 23日(火/祝)開廊
オープニングパーティー:12月5日(金)17:00−

ジャンルー・シーフ(Jeanloup Sieff)プロフィール
1933年パリ生まれ。1955年、フランス「エル」誌の写真家としてデビュー。若くして頭角を現し1959年にニエプス賞受賞。一時はマグナム写真家集団に所属し、ルポタージュを得意としていたが、1960年代以降は「ハーパース・バザー」「ヴォーグ」「エスクァイア」などの世界的なファッション誌を舞台にパリとニューヨークを往復しながら活躍した。70~80年代はヌードなどパーソナルな作品や広告、ポートレイトなどにジャンルを広げ、多くの名作を残している。生涯に美しいモノクロ写真芸術に徹し独自の世界を確立した。フランス国家名誉顕彰シュバリエ賞、パリ市芸術家顕彰受賞。2000年9月、癌のため現役で活動中に急逝。

http://www.jeanloupsieff-gip.com/gip.htm

TOPへ

関連記事

img303

失われたポラロイドの楽しみ
森ハルト 作品展

2018年4月25日(水)−29日(日)※会期中無休

「今から10年前の8月にポラロイドフィルムの販売は終了しました。 その頃まで、私は自作のカメラでテスト撮影をする時にはよくポラロイドフィルムを使ってい

read more >>

17SL_Lux_scanuse_008 2

日本・ルクセンブルク国交90周年
写真集『TIMELESS IN LUXEMBOURG 1999-2017 』出版記念

ハービー・山口写真展 TIMELESS IN LUXEMBOURG 1999

2018年3月21日(水・祝)−4月15日(日)※会期中は月曜・火曜日定休

【御礼】 トークイベントはご予約満席となりました。 ※イベント開催時間(16:00−17:30)は予約の方のみのご入店とさせていただきます。 ※イベン

read more >>

スクリーンショット 2018-01-29 22.44.51

ラトビアのプロダクトと手仕事展
Happy New Latvia

2018年2月24日(土)−3月11日(日)
※会期中は(日)開廊/(月)(火)休み
映画「ルッチと宜江」上映:2月24日(土)16:00−17:30

【映画上映+主演者トークショー/ドリンク付き】 2月24日(土)16:00−1:30 映画「ルッチと宜江 Rucs un Norie」上映 (監督:I

read more >>