Books and Modern

Journal

Journal > person > July,2014

アーティスト
ギンタラス・カロサス

リトアニア初の野外現代美術館
「ユーロ・パーク」創設者

 

ギンタラス・カロサス

ギンタラス・カロサス(Gintaras Larosas 1968-)アーティスト、彫刻家。2006年、リトアニア文化功労賞(National Award for Cultural Advancement)受賞。彼の背後の作品は「Space of Unknown Growth」(1998)/ Magdalena Abakanowicz(ポーランド)

1980年代後半のリトアニア、と言うとどんなイメージを抱くだろう? まだベルリンの壁はあり、バルト三国はソ連邦に組み込まれていた時代、鉄のカーテンの中に表現の自由はなく、変転するソ連の政策に翻弄され、疲弊して――そんなイメージがまったく見当違いだったことを2013年に首都ヴィリニュスでアーティスト、ギンタラス・カロサスに出会って知った。 ヴィリニュスの北約20キロ、こんもりとした森林の中にリトアニア初の野外現代美術館「ユーロ・パーク」はある。1991年に55ヘクタールの敷地に第1作が設置され、現在は世界30カ国から120点もの大型彫刻作品が集うこの場所は、1987年、当時ヴィリニュス芸術大学の彫刻科の学生だったカロサスが斧を振るって森を拓くことから始まった。 「困難の多い現代社会において、人々が自然な感性や本来の安らぎを取り戻す場所を作ろうと考えた」(カロサス)という美術館について話を聞いた。

ギンタラス・カロサス

敷地内の研修センター。地形を生かした丘の中に潜り込むような建築とランドスケープの設計もカロサス自身が手掛けた。

ソ連崩壊前夜

――87年、国内はどんな雰囲気でしたか? リトアニアはまさにクリエイティブなエネルギーで満ちていました。ソ連から再独立を勝ち取ることはリトアニア国民の悲願で、家の外でもそうした話題を口にできたのです。そのポジティブな機運がこのミュージアム建設を後押ししてくれたのです。 ――学生だったあなたが、建設のための用地や資金をどのようにして入手したのですか? 当時はソ連邦下であったため、土地はすべて州の所有でした。まず私ができることは地域の有力者を訪ねて、公園を作るための静かで人の手の加えられていない森を提供してほしいと頼むことでした。 最初の頃は文字通り、私ひとりの労力と構想だけで――斧、チェーンソーを使って森を切り拓き、整地していったのです。スポンサーは両親でした。

ギンタラス・カロサス

ユーロ・パーク最初の作品。「Symbol of Europos Parkas」(1991)/ Gintaras Karosas

開館、そして運営……

――90年にリトアニアは再独立を果たし、ミュージアムはその5年後の1995年のオープンですよね? 最初の作品は1991年に設置されました。財団もこの年に設立しました。初めて国際シンポジウムが開催されたのが93年。95年には、ある程度認知され来訪者が訪れるようになったのです。現在年間の来場者数は2万5000人から6万5000人です。 ――現在、敷地の所有はどこになっているのですか? 99年に、3分の1は私が所有しヨーロッパ・パークのNPO組織に貸与するかたちに、あとの3分の2は州の所有でヨーロッパ・パークNPO組織に更新可能な限りの無期限貸与ということになっています。

ギンタラス・カロサス

「Drinking Structure with Exposed Kidney Pool」(1998)/ Dennis Oppenheim(アメリカ)
直訳すれば「人工池の水飲み彫刻」。象のようにも、滑り台付きの家ロボットのようにも見える巨体が水辺にかがむ姿がユーモラス。

ギンタラス・カロサス

ギンタラス・カロサス

「Double Negative Pyramid」(1999)/ Sol Le Witt(アメリカ)二重に反転するピラミッド。積層する石の表情が美しい。遠くから眺めると二重の反転のさらなる反転が湖面に映っているのが分かる。

――運営は順調ですか? 資金的な助成などは…… 財団設立投書は何もかも自費でした。93年にヨーロッパ・パークのNPO組織ができると富士フイルム・リトアニアが最初のスポンサーに、次いでリトアニアの携帯電話会社Comlietがスポンサーになってくれました。 それに外国の在リトアニア大使館が、自国のアーティストの参加について色々と支援をしてくれた。また、時にはアーティストの国の企業からの支援もありました。例えば、日本のアーティスト、イハラ・ヨシタダはトヨタ・リトアニアから支援を受けることができました。 現在、私たちにはメインスポンサーはいません。来場者がメインスポンサーと言っていいでしょう。来場チケットの売り上げや、イベント参加費用が運営資金となっています。 当初は環境整備にもそんなに費用がかからず、スタッフの給料や税金の支払いも楽な方でした。現在はランドスケープのメンテナンスや野外の作品の修復、10人のスタッフの給与や税金などが、厳しくのしかかっています。 毎年、州のさまざまな文化助成金を申請していますが、州の助成はごく限られたものなのです。

ギンタラス・カロサス

「Chair/Pool」(1996)/ Dennis Oppenheim(アメリカ)巨大な椅子でプール。プールで椅子……オッペンハイムのもうひとつのプール作品。

初の国際シンポジウム

――外国のアーティストとの実質的な作品出展の交渉は93年のシンポジウムから始まったのですか? そうです。さまざまな国のアーティストとアーティスト協会に国際シンポジウムの招待状を送って参加を呼びかけました。 ギリシャ、アメリカ合衆国、ペルー、ハンガリー、フィンランド、アルメニア、リトアニアから14組のアーティストの参加と作品の出展がありました。 ――シンポジウムで印象深かったエピソードなどは? 世界各地のアーティストとのやり取りはとても興味深いものでした。このシンポジウムへの参加がリトアニアと関係を持つ最初の出来事、という国がいくつもあった。ペルーからの参加アーティストは、多分、最初にリトアニアに来たペルー人だったと思いますよ。 日本人アーティストとの協働も楽しかったです。ここでの彼らの作品が、日本文化の不思議な魅力といったものを紹介していると思います。 ――ヨーロッパ・パーク設立と併せて世界各地の野外博物館を見学されたようですが…… はい、日本にも行きました。箱根の彫刻の森美術館を訪れたのは95年で日本は雨期(梅雨)でした。思い出深いです。温かく迎えてもらいましたから。 ギンタラス・カロサス

ギンタラス・カロサス

「For Your Convenience」(1999)/ Gintaras Karosas ちょっと休憩、腰掛けるのに調度いい彫刻。

革新の瞬間に出合える森

――今後の展開について聞かせてください。それと日本の読者にメッセージを。 ほぼ毎年新しい彫刻が設置されますから、既存の作品のいくつかはミュージアム全体の環境を成長させるよりよい場所に移動させるのです。ランドスケープデザインは、新たな展開に合わせて常に変容していきます。 私は、90年にリトアニアが再独立を果たしたことは、革新的な思想が実現可能だということの証明となったと考えています。鉄のカーテンが崩壊し、海外のアーティストとの密な交流が生まれました。 ヨーロッパ・パークには、リトアニアの20世紀末期と21世紀初期の彫刻のそれぞれの違った革新の瞬間が反映されていると思います。 ここで行われたいくつかのプロジェクトはリトアニア初の試みでした。施設自体が、最初のランドスケープ作品でしたし、国際彫刻シンポジウムも初めてのことでした。私たちは、リトアニアの地域特有の作品を最初に発信しているという自負があります。日本の皆さんも是非ヨーロッパ・パークにお越しください。 (H.W.)

ギンタラス・カロサス

7人の工芸家と数十万もの大理石の小片を3年かけて積み上げて制作した「The Culture」(2012)/ Gintaras Karosas ©Europos Parkas

ギンタラス・カロサス

「With Moustaches」(2013)/ Evaldas Pauza(リトアニア)。ポーザはカロサスと同世代、1966年生まれのアーティスト。正統派のブロンズ彫刻の技術を駆使した作品から現代的な風刺や恐怖に近いものが伝わってくる。©Europos Parkas

ギンタラス・カロサス

レセプション前に停まっていた旧東欧の雰囲気一杯の車。車体の色とロゴの調和が絶妙。

 

TOPへ

関連記事

rut3_0

Art and design of Rut Bryk
ルート・ブリュークを巡って【後編】

A Scenery of Modern Deign

創作活動 アラビア社はヘルシンキ中心部から北東約6キロに位置し、都市の喧噪からはすでに離れているが、上層階のアートデパートメントのフロアはさらに静かで

read more >>

rut2_0

Art and design of Rut Bryk
ルート・ブリュークを巡って【中編】

A Scenery of Modern Deign

ミッドセンチュリーを経て 第二次世界大戦の敗戦後、奇跡とも言われる戦後復興を経て1952年にはヘルシンキオリンピック開催……と、フィンランドのミッドセ

read more >>

ルート・ブリュークを巡って【前編】

Art and design of Rut Byrk
ルート・ブリュークを巡って【前編】

A Scenery of Modern Deign

初めて作品を目にした時から、いつか日本に呼びたい、何かのかたちで紹介したいと思いながら何年も経ってしまっている作家がいる。2007年秋、ヘルシンキのナ

read more >>