Books and Modern

News

2月21日(水)−3月11日(日)Happy New Latvia ラトビアのプロダクトと手仕事展 開催します。

2015年に続いて二度目のラトビア展、Happy New Latviaを開催します。今回は、1950−80年代の工場生産品、リガ磁器にフィーチャー。共産主義政権下にありながら、遊び心あふれる、ユーモラスでエレガントなテーブルウェアの数々をご紹介します。もちろん、ラトビアの代名詞になりつつある手編みのミトンや伝統カゴも再登場。
そして、今回はラトビアのドキュメンタリー映画「ルッチと宜江 Rucs and Norie」(2015年)もワンデイイベントで上映。ぜひ、お越しください。

「Living on Reading 読み暮らす人のための本の話」更新しました。

都市は誰のものか? 今回の読みくらす人のための本の話は、『1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶』と『ジェイコブス対モーゼス』を紹介しています。

アトリエ灯展「森の音」開催中。13日(土)、18日(木)、19日(金)、20日(土)作家在廊予定。

アトリエ灯展「森の音」は1月20日(土)まで開催します。日曜・月曜日は定休日です。
最新情報はこちらからも。

明日12月8日(金)13:00−作家在廊予定。小井田由貴版画作品「Traveling Basket」11月17日(金)-12月10日(日)展開催

小井田由貴展Traveling Basked最終週です。8日(金)、9日(土)、10(日)は作家在廊予定です。
普段は(日)はお休みですが、10日は開廊しています。ぜひ、お越しください。

二年ぶりに小井田由貴さんの版画作品展を開催します。
最近は「つのはず堂」(中村屋のお菓子のブランド)のパッケージに、それは美味しそうなバウムクーヘンの版画などを提供している小井田由貴さんですが、「カゴ」は、「バウムクーヘン」や「ニット」と同じくこれからもずっと大切にして成熟させていきたいモチーフだそうです。
今回は「カゴの風合いは、旅の香り」と題して、旅の香りのするカゴをお届けします。さまざな地名とともに旅のイメージをふくらませる版画作品をご紹介します。

12月15日(金)−2018年1月20日(土) アトリエ灯 展「森の音」開催

2015年秋の沙羅の版画展「小さな庭」、2016年冬の貝山伊文紀の木枝のモビールを主にした木工作品展「風招きKAZAOKI」に続く、ふたりのユニット「アトリエ灯」の新作展です。
昨年末から長野の里山に居を移して制作している貝山伊文紀さんと沙羅さん。山や森、木々と身近に暮らす中で生まれた形──モビールアートや版画、卓上の小さなアートのひとつひとつから「森の音」が聞こえてきます。

「Living on Reading 読み暮らす人のための本の話」更新しました。

11月は「恋愛小説のことなど」です。

会期延長 29日(日)まで。玉銀喜(オク・ウンヒ)陶芸作品展 Variety

最終日を一日延期して、29日(日)まで開催します。ぜひ、お越しください。

長崎県雲仙市に住み韓国と行き来しながら活動する陶芸作家、玉銀喜(オク・ウンヒ)さんの作品展。
小さな日用品から大きなアート作品まで、幅広い作風のオクさん。どこか、マリメッコの石本藤雄さんを思わせる、形もテクニックも自由自在な陶芸作家です。ブックスアンドモダンでは、テーマを絞るのがもったいなくて、展示のタイトルもVariety。欲張りな感じで、いろいろご紹介します。

植田正治 2018年カレンダー販売中

ブックスアンドモダンオリジナル、植田正治2018年カレンダー販売中です。
砂丘、家族、演出写真……Ueda-cho(植田調)という言葉で世界的に知られた植田正治のイメージだけでなく、植田が59歳で初めて渡欧して撮った、ロンドン、パリ、ローマ、バルセロナ,マドリードのスナップ写真もカレンダーとしては初めて紹介しています(写真集と、ヴィンテージプリントのみの作品群です)。
カレンダーとして使用した後もプリント部分を切り抜いて、長く楽しめる精度の高い製品です。
ショップからどうぞ。

ウェブショップ、新装オープンしました!

ウェブショップが新装オープンしました! ミケーレ・デルッキ(イタリア)のプライベートブランド、Produzione PRIVATA製品や、人気のアルファベットハンコや、オリジナルプロダクツ、稀少本、版画や写真作品など、ブックスアンドモダンでしか手に入れられない品揃えです。ぜひ、覗いていみてください。
最新情報はこちらから…。

6月20日(火)−7月22日(土)カンボジアモダン&クラフツ展開催

美しい籠、クメール王朝以前までその歴史をさかのぼれる陶器、絹の織物……。カンボジアの伝統の手仕事「カンボジアモダンクラフツ」に触れる機会です。
会期中は、現地で伝統工芸、産業の復興に尽力する方々のトークイベントを3週末、開催します。

read more