Books and Modern

Gallery

Gallery > art > December,2014

Brilliance of Monochrome/ Jeanloup Sieff作品展
モノクロームの光

2014年12月5日(金)−12月25日(木)

Jeanloup Sieff

© The Estate of Jeanloup Sieff / G.I.P.Tokyo


美しいものを見ていると、幸せな気分になる。ここで言う美しいものとは、青空がどこまでも澄んでいるとか、凪いだ海に夕日が輝いているというような大きな美しさではなく、人の持つ、人が作る美しさだ。
額から頬にかかる髪、その向こうからこちらを見つめる長いまつげに縁取られた瞳、あるいは完璧なフォルムのマント、リートフェルトのイスに姿勢を正して座るネコ……。ひとつのフレームに閉じ込められ、完全に調和した小さな世界の美を見ていると、人生に悪いことなど起きない──そういう気持ちになる。
すべて、とは言わないまでもジャンルー・シーフの作品の多くは、そのセクシーであったり、ゴージャスであったりするテーマから逸れることなく、そうした朗らかな光を放っている。
本展ではシーフの作品13点に加えてシーフの妻で写真家のバルバラ・リックスの作品1点を紹介します。
本展の企画開催はシーフと日本の橋渡し役でありフォトアートの理解者、エージェントのG.I.P.Tokyo、同社の倉持博氏の力添えと助言なくしては実現しませんでした。倉持氏と、この出会いに感謝致します。(H.W.)

月曜・火曜休廊 23日(火/祝)開廊
オープニングパーティー:12月5日(金)17:00−

ジャンルー・シーフ(Jeanloup Sieff)プロフィール
1933年パリ生まれ。1955年、フランス「エル」誌の写真家としてデビュー。若くして頭角を現し1959年にニエプス賞受賞。一時はマグナム写真家集団に所属し、ルポタージュを得意としていたが、1960年代以降は「ハーパース・バザー」「ヴォーグ」「エスクァイア」などの世界的なファッション誌を舞台にパリとニューヨークを往復しながら活躍した。70~80年代はヌードなどパーソナルな作品や広告、ポートレイトなどにジャンルを広げ、多くの名作を残している。生涯に美しいモノクロ写真芸術に徹し独自の世界を確立した。フランス国家名誉顕彰シュバリエ賞、パリ市芸術家顕彰受賞。2000年9月、癌のため現役で活動中に急逝。

http://www.jeanloupsieff-gip.com/gip.htm

TOPへ

関連記事

スクリーンショット 2019-10-27 14.25.25

マグナムの風景
パリ、思想とアートの時代

2019年11月9日(土)−24日(日)12:00−19:00
(月)休み 最終日24日(日)は16:00まで

【トーク&スライドショー】 「マグナム70余年の物語、パリに寄せて」 by 小川潤子(マグナム・フォト東京 代表) ■11月22日(金)19:

read more >>

スクリーンショット 2019-09-12 10.58.50

見て、触れて、作って、使って楽しむ
タラブックスのフルークブック&アートプリント

2019年9月27日(金)−10月19日(土)

【オープニングパーティー】 ■9月27日(金) 18:00-20:00 【フルークペーパーでつくる、紙好きのための紙文具づくりワークショップ】 by永

read more >>

スクリーンショット 2019-07-20 18.05.11

高橋恭司写真展
WOrld’s End 写真はいつも世界の終わりを続ける

2019年8月16日(金)−9月7日(土)※日曜・月曜日休廊

【オープニングパーティー】 ■8月16日(金) 20:00-21:00 【トークイベント】 ■8月16日(金)19:00-20:00 ※準備のため17

read more >>