Books and Modern

Gallery

Gallery > book > April,2019

詩集『敷石のパリ』の風景
北井晴彦写真展

2019年5月3日(金)−18日(土)
12:00−19:00 日曜・月曜日お休み

ある日のパリ、静かな時間、光と影が溶け合うような美しい瞬間。
北井晴彦のモノクロームの世界を、詩とともに──。

詩集『敷石のパリ』(トランジスタ・プレス刊)は、パリのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店から「日本の詩人がパリについて書いた詩はありますか?」という問い合わせが、トランジスタ・プレス(東京)に届いたことから生まれました。本展では、新しい詩集に描かれた移ろうパリ、人々の生活、心を、写真とともにお届けします。

【オープニングレセプション】
■5月3日(金)18:00-20:00 (※準備のため16:45-17:30は一旦閉廊致します)

【トークイベント】
■5月18日(土)18:00−19:30(※準備のため16:45−17:30は一旦閉めます。)
清岡智比古(フランス語学者・詩人/明治大学教授)
【パリのモハメッド──街に映る世界、時代と心】
『敷石のパリ』の詩人のひとり、清岡智比古さんが現在のパリを通して世界の移ろいや、人々の心、変わらない物事などについて語ります。

■参加費 1,500円(税込)ドリンク付き
■参加ご予約はShop Page にて。お問い合わせは info@booksandmodern.comまで。

photo1

詩集 『敷石のパリ』巻頭イメージ。「四季を運ぶ」(詩・清岡智比古)に続く… all images ⒸKITAI Haruhiko

現在、パリ5区セーヌ左岸ブシュリー通りにある書店、シェイクスピア・アンド・カンパニー(1919−1941/1951−)。1922年、英米で発禁となっていたJ・ジョイスの『ユリシーズ』の最初の版元として、また、第二次大戦後に2代目店が再開してからはパリ左岸のボヘミアンたちや、A・ギンズバーグ、W・バロウズといったビートニクの活動の拠点となったことで知られます。

昨年、そのシェイクスピア・アンド・カンパニーからトランジスタ・プレス(東京)の編集者、佐藤由美子さんに、「日本の詩人がパリについて書いた詩はありますか?」という問い合わせがありました。
「そう言えば、パリで詩を書いた日本人はたくさんいるけれど、パリについて日本人が書いた詩はすぐに思い浮かばない……」。そう思った佐藤さんが、清岡智比古さん、管啓次郞さん、ミシマショウジさんに声をかけて、この詩集『敷石のパリ』は、生まれました。

photo1

詩集 『敷石のパリ』、「パヴェ 敷石」(詩・ミシマショウジ)に続く…

フランスに縁の深い作家4人が、パリを契機とした詩を現在の視点で書き下ろし、やはりパリに縁のある写真家、北井晴彦さんがモノクロームの風景を添えています。
本展では、ギャラリースペースにて詩集の挿画となった北井晴彦さんのプリントを、ブックスペースにて詩集に寄せた小特集を組んでご紹介します。

【展示販売】
■北井晴彦ゼラチンシルバープリント:6点
■デジタルプリント:16 点
■詩集『敷石のパリ』ほかトランジスタプレス刊行書籍全タイトル

photo1

詩集 『敷石のパリ』、「パリについて」(詩・管啓次郞)に続く…

■北井晴彦(KITAI Haruhiko)
1966年横浜生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、(株)電通 写真部 勤務。92年(株)北井スタジオ入社。広告写真、作品制作と幅広く活躍。個展は「Lumière」(銀座コダックフォトサロン/1997年)以来、近年は「Le Ciel de Paris 2013」(椿山荘 東京 ENTRE DEUX/2013年)など。モノクロ表現で都市の情景をテーマに制作。パリを被写体としたシリーズでは背景となる空の存在感を前面に押し出した視点で、都市の個性を浮き彫りにしている。

■清岡智比古(KIYO-OKA Tomohiko)
フランス語学者・詩人/明治大学理工学研究科総合芸術系教授
詩集に「詩人たちの東京をモチーフとした詩を、東京という都市の「地史」として作りだそうという試み(吉本隆明)である『東京詩』(2009年)、『きみのスライダーがすべり落ちるその先へ』(2014年)、映画論『パリ移民映画』(2015年)、都市論『エキゾチック・パリ案内』(2012年)がある。

TOPへ

関連記事

ユニバース


中村至男のART BOOK 展

好評につき1週間会期延長。最終日は20日(土)となりました。
2019年3月22日(金)−4月20日(土)※日曜・月曜日は定休日

トーンを抑えた色面構成で、独自のユーモアを交えてポップな世界を描くグラフィックデザイナーの中村至男。 絵本制作、展覧会デザイン、クリエイターとの共同プ

read more >>

DSCF8245 軽

Ibuki Kaiyama+Ok Eun Hui
貝山伊文紀の枝と、オクウンヒの陶

Mythology

2019年2月8日(金)-28日(木)

初めての二人展 貝山伊文紀さんは、長野は穂高を拠点に木の枝を素材とした新しい木工芸に取り組む作家です。 家具デザイナーとして活躍しつつ、工業製品のため

read more >>

IMG_2425

【Living on Reading 読みくらす人のための本の話】
今、私たちが寝起きしているのはどんな世界?

──アフリカ発の文学と仏メディアを通して見えること

書店の準備をしていた時、当然ながら店名をどうするか随分考えた。結局「ブックスアンドモダン」(=本と現代/の思想)という中味のままの名前になったが、実は

read more >>