Books and Modern

Gallery

Gallery > art > June,2019

『芸術家たち1─建築とデザインの巨匠編』刊行記念
河内タカ×SANDER STUDIOイラストレーション展

2019年7月4日(木)−27日(土)12:00−19:00 日曜・月曜日お休み

【オープニングパーティー】
■7月5日(金) 20:00-21:00

【トークイベント】
■7月5日(金)19:00-19:50 ※準備のため17:45-18:30は一旦閉廊致します。
「Behind the Artists『芸術家たち』作画秘話」by SANDER STUDIO×河内タカ

■7月19日(金)19:00-20:30 ※準備のため17:45-18:30は一旦閉廊致します。
「描き下ろし『芸術家たち』笑顔の実話」by SANDER STUDIO×柴田隆寛(編集者)

■トークイベント内容詳細と、参加ご予約はShop Page にて。
お問い合わせは info@booksandmodern.comまで。

photo1

「ル・コルビュジエと愛犬」(2019) 242×303mm ⓒSANDER STUDIO

アーティスト、キュレーター、バイヤー、プロデューサー、普通の人、そのすべての視点でアートを語ることのできるタカさんが、『芸術家たち1 建築とデザインの巨匠編』(アカツキプレス/オークラ出版)を刊行しました。
本文の魅力もさることながら、ここに登場する日本、北中南米、ヨーロッパでモダニズムの魅力を開花させた20世紀の建築家、デザイナー31人の姿をユニークな解釈と筆致で描き、本をより楽しく味わい深いものにしているのがSANDER STUDIOのイラストレーションです。

本展では挿画のイラストレーション5点に加え、芸術家たちの素顔を語るエピソードにもとづいて新たに描き下ろしたユーモア溢れるポートレイト約15点を展示、販売致します。クスッと笑って幸せな気分になれる芸術家の素顔に会いに、ぜひお越しください。

photo1

『芸術家たち1 建築とデザインの巨匠』 アカツキプレス/オークラ出版 1500円(税別)

『芸術家たち1─建築とデザインの巨匠編』について

「モダンアートの有名作品や作家は知ってはいるけれど、アートの世界の全体像が掴めない」、「どこから食いつけばより美味しく味わうことができるか知りたい」……そんな読者をググッとアートの世界に引き込んだ『アートの入り口』(2016年)の著者、河内タカさん。

今回の『芸術家たち1』は、サブタイトルに「建築とデザインの巨匠編」とあるように、18世紀末にヨーロッパで誕生し世界中に拡散していったモダニズムの20世紀の展開をふまえ、日本(第1章 ニッポンの現代建築の夜明け)、北中南米(第2章 受け継がれるミッドセンチュリーの意志)、ヨーロッパ(第3章 バウハウスからモダニズムへ)で活躍した31人の建築家、デザイナーたちについて語っています。

特別な才能と運命に生きた人々の人生をダイジェストで、でも重要ポイントはしっかり押さえてユニークな新分析とともに読ませます。
登場する芸術家たちに親しみを感じるのは、タカさんが語る彼らの物語に、激しいエゴや、運を味方につける強さと同時に、ほどほどの不運や迷い、優しさ、明るさが読み取れるからでしょう。そして、自らの意志と力で切り拓いたように見える彼らの人生もまた、すべての人の人生と同じ「出会いの物語」であることが伝わってくるからに違いありません。

【展示販売】
■SANDER STUDIO挿画、描き下ろし新作イラストレーション:約20点
■『芸術家たち1 建築とデザインの巨匠』(アカツキプレス/オークラ出版 1500円(税別))ほか、関連書籍
■Bauhaus関連テーブルウェア:Trendglas JENA(独)

photo1

『芸術家たち1 建築とデザインの巨匠』 目次

photo1

特別な才能と運命に生きた人々の人生をダイジェストで、でも重要ポイントはしっかり押さえてユニークな新分析とともに読ませる。

■河内タカ(Taka Kawachi)
高校卒業後、サンフランシスコのアートカレッジへ留学。卒業後ニューヨークに拠点を移し、アートや写真に関する展覧会のキュレーションや写真集の編集を数多く手がける。2011 年に帰国。2016年に自身の体験を通したアートや写真のことを綴った著書『アートの入り口 アメリカ編』、『ヨーロッパ編』(ともに太田出版)を刊行。現在は京都に本社を置く便利堂の海外事業部を統括し、写真印刷技法であるコロタイプを国際的に広める活動を行いながら、ライターとしても日本経済新聞の『美の十選』をはじめ、『&Premium』(マガジンハウス)などへ執筆を行っている。

SANDER STUDIO(サンダースタジオ)
文化服装学院卒業。“クスッと笑える” イラストレーション、アニメーションを中心に、出版、広告、アパレル、雑貨など幅広い分野で活躍。

■柴田隆寛(Takahiro Shibata)学習院大学卒。(株)イーターにて編集者としてのキャリアをスタート。ぶんか社『Asayan』、講談社『HUGE』の編集者を経て、マガジンハウス『アンドプレミアム』のエグゼクティブディレクターに。約3年半にわたり同職を務める。2015年に編集事務所Kichiを開設。クリエイティブコミュニティ「MOUNTAIN MORNING」のメンバーとしてもポップアップショップやプロダクトの企画などにも関わる。

 

TOPへ

関連記事

共存する2つの顔、世界のためのcore no.15-p257×364㎜ 軽

『山口啓介 後ろむきに前に歩く』刊行記念展
山口啓介のアトリエ エスキースと光

2019年 6月11日(火)−29日(土) 12:00−19:00 日曜・月曜日お休み

【トークイベント】 6月15日(土)14:00-15:30 ※準備のため13:00−13:45は一旦閉廊致します。 ■山口啓介×竹口浩司(広島市現代美

read more >>

中解像度2017-08-10 20.08.40 2

本の特集──アートと写真を中心に
Around the Arts and Photos

2017年8月25 日(金)−9月23日(土)

【トーク&スライドショー】(トーク内容詳細は最下段に) ※両日とも準備のため18:00−18:45は一旦閉めます。 9月8日(金)19:00−20:3

read more >>

IMG_2853

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】​
美の周辺に漂うユーモアを味わう2冊 

COWBOY KATE & OTHER STORIESを巡って

河内タカ氏(美術評論・便利堂海外事業部)トークイベントは9月22日(金)開催。 美しいものは​、気持ちを引き立たせてくれる。 ​写真でも、彫刻でも、風

read more >>