Books and Modern

Column

Column > archive

スクリーンショット 2020-09-16 18.20.23

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
ホッパー絵画付き短編集と、油彩画集など

こ、これは……! 未知の作家と出会う喜び

「文学の評価はその国の経済力によるところが大きい。20世紀の米文学がいい例だ。経済抜きで評価するなら、米文学なんぞラテン文学の足下にも及ばない」──こ……

read more >>

スクリーンショット 2020-05-06 19.50.40

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
エレガントな女性特集7冊、と1冊

それぞれの人生、日常、旅、好き嫌い……

生きていればいろいろなことがあるものだ、と思ってはいたけれど、自分が生きている間に世界的なパンデミックが発生するなんて……、そうお思いの方、多いのでは……

read more >>

パリ左岸、異邦人

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
秋の夜長、毎晩少しずつ読み進める楽しみと……

1940−50年のフランスに見るヨーロッパの挫折、そして私たちの希望

■『パリ左岸』 まだ暑気の残る9月、白水社の営業の方が『パリ左岸』という本を持って見えた。「もうすぐ刊行なのです」と。 手渡された「営業原本」をパラパ……

read more >>

スクリーンショット 2019-06-29 17.18.21

いそがない京都──
二条城を臨む16室のコンテンポラリースタイルホテル

HOTEL CANATA KYOTO ラウンジ ブックキュレーション

今春、京都、二条城正門真向かいに誕生したHOTEL CANATA KYOTO。 建築、インテリア、設備、演出のすべてに「いそがない京都」というテーマが……

read more >>

IMG_4873

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
世界はパーソナルに、軽やかに動いている

本を棚に並べている時、つくづく、文学ってグローバルになってきたなぁ、と思う。

今でも、大学では学部は英文学とか英米文学とか、仏文、独文、国文とかに学科が分かれているのだろうけれど、日独バイリンガルで執筆している多和田葉子を、「日……

read more >>

IMG_4835

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
読書もアクション

普通の人は、都市の変化をどのように受け止めたのか?

2020年にはオリンピックが来るらしい。 競技と関係のある地域や、すったもんだのあった豊洲の工事は急ピッチで進むそうだ。 併せて都市のバリアフリー化も……

read more >>

IMG_3398

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
恋愛小説のことなど

「永遠に変わらぬ思い」の輝き

そんなにたくさん読んでいるわけではないけれど、感動的な恋愛小説(映画も)に出合うことはまれで、私の納得のいくエンディングが用意されていることも、ほぼ、……

read more >>

IMG_3135

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】
さようなら、すべてのエドワード叔父さんたち

戦争は、何が原因で、どんな風に始まり、どうすれば終わらせられるのか?

ほとんどの人が望まないことでも、それが起きた方がトクをする人がいて、その人たちが、それを起こせる権力者たちと結託(利益を分け合う約束)すれば、それは起……

read more >>

IMG_2853

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】​
美の周辺に漂うユーモアを味わう2冊 

COWBOY KATE & OTHER STORIESを巡って

河内タカ氏(美術評論・便利堂海外事業部)トークイベントは9月22日(金)開催。 美しいものは​、気持ちを引き立たせてくれる。 ​写真でも、彫刻でも、風……

read more >>

IMG_2665

Web Shop【毎日、本とアート】
カンボジアの染織

2003年福岡市美術館開催「カンボジアの染織」図録

アンコールワットで有名なシエムリアップ郊外にある「伝統の森」。 その森は、地面から繋がったアーツ&クラフツを体現した森です。 桑の木を植樹して養蚕を始……

read more >>

IMG_2658

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】​
魂は旅をするか?

化けて出るのも、人。恋をするのも、人……

よく「書店をやってギャラリーもやって、あなたはやりたいことが一杯あるのですね」と言われますが、実は、なぜかこんなことになってしまっただけで、私は「本さ……

read more >>

IMG_2539

【Living on Reading 読み暮らす人のための本の話】​
今ひとたびの武田百合子

いつも、何度でも繰り返し味わう出来事、言葉、夢……

「私、その方の著書は、すべて読んでます。もっと言うと、その方について誰かが何かを書いているものも、ほぼ、すべて読んでます」と小鼻をふくらませて言ってし……

read more >>

IMG_2425

【Living on Reading 読みくらす人のための本の話】
今、私たちが寝起きしているのはどんな世界?

──アフリカ発の文学と仏メディアを通して見えること

書店の準備をしていた時、当然ながら店名をどうするか随分考えた。結局「ブックスアンドモダン」(=本と現代/の思想)という中味のままの名前になったが、実は……

read more >>

IMG_2361-1

Web Shop【Living on Reading 読みくらす人のための本の話】
『植田正治作品集』は「図版目録」が面白い!

名作を生んだ時代、フィルムとメディアとプリントと……

■作品集とカレンダーのセットご予約:to Shopping Page 昨年末、『植田正治作品集』(河出書房新社)が刊行されました。開いてみて思ったのは……

read more >>

2018年1月

Web Shop【毎日、本とアート】
美しいモノクロの20カ月─植田正治 2018年 カレンダー with 2107年5月−12月

SHOJI UEDA 2018 CALENDAR with the last half of 2107

■カレンダーご予約:to Shopping Page ブックスアンドモダンでは2017年3月8日より、植田正治作品集出版記念として写真展「もうひとつの……

read more >>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-29-22-56-01

【毎日、本とアート】
ハービー・山口写真展「and STILLNESS」/日本経済新聞

2016年12月29日(木)朝刊 文化面

ブックスアンドモダンレーベル初の写真集『and STILLNESS』刊行記念、ハービー・山口写真展「and STILLNESS──あの日のプラハ、ワル……

read more >>

IMG_1856

Web Shop【毎日、本とアート】
作品集『未踏の星空』—宇宙の闇を裂きながらキラキラと広がっていく……

Yoko Yamashita/ collections of works
2015年 日本語 2,700円(税別)

山下陽子作品展では、90年代に制作された作家の初期のエッチング作品から、今夏の新作(2点)まで18点を展示しています。 展示に合わせて作家の第11作目……

read more >>

archive_tomari_02

Web Shop【毎日、本とアート】
泊昭雄作品「STILL LIFE」

photograph by Akio Tomari

2014年10月にブックスアンドモダンで開催された「STILL LIFE BY L.A.TOMARI」。その展覧会のために写真家泊昭雄が撮り下ろした全……

read more >>